田辺晋太郎ツイッター新アカウントはなりすまし!「偽物に便乗してブログにリンク」謝罪文全文

shintarotanabe Twitter
田辺晋太郎 新アカウント なりすまし

小山田圭吾のいとこである田辺晋太郎が東京五輪(オリンピック・パラリンピック)の開会式作曲陣から小山田圭吾が辞任した後、おやまだ圭吾を擁護するツイートをし炎上。その後アカウントを削除して逃亡していました。しかし20日に新ツイッターアカウントで復活し改めて謝罪文を掲載。その新垢はなりすましの偽物である可能性がでてきました。

大越悠莉奈(ゆりな)容疑者の美人顔画像!「三櫻音ちゃんは誰の子供か分からず邪魔だった」千葉県八千代市
千葉県八代市で大越ゆりな容疑者が次女の三櫻音(みおん)ちゃんを車内に放置し熱中症で死亡させる事件が起こりました。大越友梨奈容疑者の顔画像、また車内に放置した本当の動機について関係者や大越悠梨奈容疑者の知人からの証言を元に深堀りしていきます。

田辺晋太郎ツイッター新アカウント

炎上後すぐにアカウントを削除して逃亡していた田辺しんたろう。しかしアカウントを削除したことによって田辺晋太郎が肉マイスターとして監修をしていたヤマサに飛び火。ヤマサ側がホームページで田辺晋太郎について説明する文章を掲載するという異例の事態になりました。

 

yamasa_hp

ヤマサ 田辺晋太郎 ホームページ

この度の田辺晋太郎氏のSNS上の発言について

この度、「肉鍋つゆ」シリーズの監修を受けた、肉マイスターの田辺晋太郎氏のSNS上での発言について、弊社にも多数のご意見を頂戴しております。

田辺晋太郎氏との契約は、本年6月30日に終了しており、これらの商品はすでに終売しております。

 

今期は、7月15日に発表させていただいた通り、新商品「うま肉鍋つゆ」シリーズを発売いたします。こちらの新商品につきましては田辺晋太郎氏の監修は受けておりません。

現在、弊社のホームページでは、旧商品と新商品の入れ替え作業中で、田辺晋太郎氏の登場するコンテンツが一部残っておりました。ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます。

 

弊社は「公正・公平であること」を企業行動規範に掲げており、あらゆる差別やいじめ、虐待などの人権侵害について、これを容認するものではありません。
  • 炎上発言前に田辺晋太郎とヤマサの契約は終了している
  • 田辺晋太郎が監修した商品は現在販売されていない
  • 新商品に関して田辺晋太郎はもちろん関わっていない
  • 差別・いじめ・虐待は企業として容認していない

 

 

また田辺晋太郎がアカウントを削除したことにより本人の家族にも飛び火。20日にツイッターで新アカウントを作成し改めて謝罪をすることになりました。こちらが新アカウントです。@shintarotana

 

この度は大変お騒がせをしております、田辺晋太郎です。 昨夜アカウントを削除してしまったためこちらの新アカウントから投稿させていただきます。
昨夜、TOKYO2020オリンピック・パラリンピック開会式音楽担当の小山田圭吾氏の辞任報道を受け、あまりにショックを受け「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」とこのような皮肉を込めた投稿をしてしまいました。
圭吾氏は私の従兄弟にあたり、自分も音楽家の端くれであることからずっと尊敬する先輩でもありました。 そんな彼の辞任を受け、思いが暴発し心無い発言をしてしまい、結果としてイジメ被害者の皆さまのお気持ちを深く深く傷つけてしまいました。不本意であり悔やんでも悔やみきれません。

近年のインターネットにおける辞任を求める運動や私刑といったことに問題意識を持っていたこともあり、今回の騒動でそのポイントだけ注目してしまったことともに、圭吾氏が辞任するに至るもともとの経緯を棚にあげてしまい、愚かにも身内からかばう形になってしまいました。投稿後、あまりに数多くのご批判を頂戴したことでお恥ずかしい話ながら取り乱しパニックになってしまい、謝罪文投稿のあとでアカウントごと削除してしまいました。

今後といたしましてはインターネットにおける辞任を求めるムーブメントやネット私刑の是非についてはこの騒動とは別に問題意識をもって取り組んでいくとともに、何よりイジメ問題や犯罪的な行為の深刻さから目をそらさないようにすると深く心に刻みました。

また、2017年のブログにおいて桜を見る会に参加したという記事がありますが、この会と大会イベントへの依頼には全く関係がありません。ご留意ください。

そして一つお願いなのですが、悪いのは不適切な投稿をした私であって、私の家族の関係するところにまで問い合わせをするのだけはどうか勘弁していただけないでしょうか?

最後になりますが、この度の私の不適切な投稿により大変多くの方の心を傷つけ、ご迷惑をおかけした事を心より深く謝罪申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。
田辺晋太郎 2021年 7月20日

変に長文なのでまとめます。

  • アカウントを削除してしまったので新アカウント作りました。
  • いとこの小山田圭吾を擁護し、皆様を挑発するような発言をしてしまいました。
  • ネット上の私刑や辞任を求める運動に疑問がある。こちらに関しては今回の騒動とは別に引き続き問題提起していきたい。
  • いじめや犯罪的行為についても目をそらさずに行きたい。
  • 過去に桜を見る会に参加しているが五輪イベントへの依頼とは関係ない。
  • 自分(田辺晋太郎)が悪いので家族には何も言わないでくれ。

田辺晋太郎新アカウントはなりすまし

しかしこの田辺晋太郎の新アカウント、なりすましではないのかという声が上がっています。というのもツイッターアカウントというのは削除して1ヶ月以内ならすぐに復活させることが出来るのです。また謝罪文が謝罪文と言うよりかは言い訳文なので田辺晋太郎のようないい歳した大人が書く文章ではない、と疑惑を持たれています。

 

芸能人なら昔のアカウントを復活させたらどうですか!何故、新しく作る必要があるんですか!(笑)もしや、奥さんとかに云われて謝罪してるの?まずは尊敬する従兄弟に貴方から謝罪をテレビでさせて頂きたいです。

 

どうせ叩きをさせる為だけの捨て垢なんだよなあ、読む訳ないんだ。
田辺はこのアカウントをヘイトのゴミ為ぐらいにしか思ってないよ。
関係各所への凸の方によっぽど怖がってるみたいだから本気で追い詰めたいならスポンサー、五輪スポンサー関連へ。既にお詫びしたところ以外ね。

 

貴方が田辺晋太郎氏である証明は?
紙切れもSNSも他人がなりすましできるよ。
以前のアカウントで発言するならまだしもさ。

 

いやいいんだけど、あなた本物?

 

ほんまや!
あれだけの事をしでかした42歳の大人がこんな幼稚な事を言う為に新アカ取るはずない

 

改めて田辺晋太郎の新アカウントに投稿された”謝罪文”を見てみると迷惑をかけたヤマサへの謝罪もなく、始終保身のための言い訳ばかり。田辺晋太郎の熱狂的ファンが事態沈静化のためになりすまして謝罪文を掲載したと考えられても仕方ない内容です。

 

新アカウントのフォロワーは現在170人ほど。拡散力などほとんどありません。本当にこのアカウントが田辺晋太郎本人で本気で反省しているならば前の炎上したアカウントを使うはずです。

田辺晋太郎「偽物に便乗してブログにリンク」

しかし田辺晋太郎のブログの方にこの新アカウントが掲載されています。

 

shintarotanabe

田辺晋太郎ブログ

このたびは大変お騒がせをしております、田辺晋太郎です。

昨夜アカウントを削除してしまったためこちらの新アカウントにて謝罪の気持ちを投稿させていただいております。

 

これを見たツイッター民は「やっぱり本物なのか?」と新アカウントは田辺晋太郎本人のものであると判断する人と、「なりすましの偽物に便乗してブログにリンク貼ってる」と疑う人で意見が割れています。

 

まったく知らない人物からのなりすましならば怪しいのでさすがの田辺晋太郎もノータッチだったことでしょう。しかしこの新アカウントが身内からのなりすましだったとすればどうでしょうか。田辺晋太郎が操作できる範囲の身内がなりすまし…言い換えれば代理として新アカウントを作成し謝罪文を掲載していたとすれば納得がいきます。

田辺晋太郎炎上から謝罪文までまとめ

田辺晋太郎が炎上した経緯をかんたんにまとめます。

 

  • 田辺晋太郎のいとこ、小山田圭吾が過去に犯罪級いじめを武勇伝のごとく語っていたことが判明。五輪関連の仕事を辞任しろとネットで大炎上。テレビニュースにもなる。
  • 小山田圭吾は炎上後謝罪したものの辞任しないと回答。
  • 更に炎上。結果辞任するはめに。
  • 小山田圭吾が辞任したと報道後、田辺晋太郎が小山田圭吾を擁護する煽りツイートをする。
tanabeshintaro

田辺晋太郎 小山田圭吾擁護ツイート

(小山田圭吾が辞任したというヤフーニュースのリンクを貼り)
はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!

 

  • 煽りツイートをしたことにより小山田圭吾のいとこだと判明。炎上。
  • 煽りツイートを削除し、更にアカウントも削除し逃亡。
  • 田辺晋太郎が肉マイスターを務めて商品監修も行っていたヤマサへ抗議が殺到。
  • ヤマサがホームページで田辺晋太郎についてすでに契約は切れているとの説明を行う。
  • 田辺晋太郎の家族が特定されそちらへも抗議が殺到。
  • 田辺晋太郎が新アカウントを作成し謝罪文を掲載。
  • ブログにもツイッター新アカウントの情報を載せる。
Twitter
りりあんニュース