田川市母子木村4人、車内無理心中の動機!夫を苦しめるため母親が子供を道連れか

tagawa 事件
母子4人心中

福岡県田川市伊加利にある駐車場で木村姓の母子4人が車で死亡しているのが見つかった事件。母親による無理心中と警察は発表。幼い子供達を巻き添えにした自殺、その動機は夫に対する恨みからきたものだった。随時更新中

赤堀恵美子の姉、赤ちゃんを埋めて逮捕歴!大川市住民「日頃から騒音がすごかった」
赤堀恵美子の家族についての情報も報道されるように。3人兄弟の末っ子だった赤堀恵美子、兄は会社の金を着服で逮捕され姉は赤ちゃんを埋めて逮捕されていたことが発覚。赤堀恵美子の父親が出した衝撃コメントと、当時大川市に住んでいた赤堀一家を知る住民に話を聞くことが出来ました。

田川市伊加利母子4人無理心中事件の概要

福岡県田川市伊加利の駐車場で14日、母親と子供3人(長女・長男・次女)の合わせて4人の死体が車内から発見されました。練炭自殺とみられています。また遺書も見つかっており「子育てや生活の悩みがあった」と書かれていました。

 

夫とは現在別居中で、夫は東京都府中市に今回亡くなった長女と共に暮らしていたということです。母親は実家暮らしで実母と同居。子供は長男と次女が一緒に暮らしていました。

 

この母親は長男を殴るなどの虐待をしており児童相談所に通報されていました。また夫に対しても「死ね」などのメールを送りつけたり、子供たちの前で暴力をふるっていました。新しい情報が入り次第追記します。

 

母子4人無理心中の場所特定

母子4人が無理心中を図った、福岡県田川市伊加利の駐車場の特定です。ニュースでは無理心中現場は「JR田川後藤寺駅から南東に約2.7キロで、商業施設が並ぶ地域。」とのことだったのでこちらの情報を元に探してみます。

 

ニュースでの映像はこちら。

tagawa

田川市伊加利の駐車場

 

見つけた現場はこちらになります。4件ほどお店が立ち並んだ広い駐車場です。

田川市伊加利、母親の名前・顔画像

無理心中した母親の現在分かっている情報です。

 

  • 名前非公開(姓は木村)
  • 37歳
  • 無職
  • 田川市伊加利付近に在住
  • 子供3人
  • 夫とは別居中(東京都府中市)
  • 急性一酸化中毒で死亡

 

現在、母親の名前と顔画像は公表されていません。子供たちの名前は公表されているのに母親の名前だけ出ないのは不自然ですね。判明しだい追記していきます。

田川市母子4人無理心中、子供たちの名前・情報

母親と無理心中させられた3人の子供たちの情報です。新しい情報が入り次第追記します。

 

長女

  • 木村紗良ちゃん
  • 11歳
  • 父親と東京で暮らしていた。2週間ほど前に母親の元へ遊びに来ていた。
  • 急性一酸化中毒で死亡

 

長男

  • 木村快人くん
  • 7歳
  • 母親と祖母と妹と暮らす。
  • 母親から殴るなどの虐待を受けていた。
  • 急性一酸化中毒で死亡

 

次女

  • 木村仁菜ちゃん
  • 2歳
  • 母親と祖母と兄と暮らす。
  • 急性一酸化中毒で死亡

田川市伊加利無理心中の動機

無理心中の動機は何だったのでしょうか。遺書には「子育てと生活の悩みがあった」と記されていたそうですが具体的には何に悩んでいたのでしょう。母親(以下、木村母)は夫とは別居中とありましたが、同居中の実母がいました。

 

子供も長女は夫側におり、一緒に暮らしていた長男は7歳で次女は2歳。ワンオペ育児で育児ノイローゼ…とは考えにくい状況です。同居している実母がすぐ探しに出ていることから、普段からサポートは受けていたはずです。

 

心中の動機となるのは子供でも生活環境ではなかったのです。それは夫への恨み。別居中の夫へ「死ね」などというメールを何度も送りつけていたり暴力をふるっていた木村母。相当な恨みを持っていたようです。

 

 

yahukome

ヤフコメ

 

本人でないと分からないが、仮に私がその立場だと想像したら、2つ考える。一つは、母親の傲慢。自分一人で死んだら遺された子供達が可哀想というもの。もう一つは、夫等への憎しみ。私だけが死ぬよりも子供全員道連れにすれば悲しむだろう。もっと苦しめという恨みだ。いずれにしても別居中で子供を抱えて肉体的精神的負担大は間違いない。人が感じる悩み事の多くは他者への憎しみ。深層の憎しみが変化したものが悩み事。子供にとっての両親は一対だが、両親同士は他人だ。互いに相談した上での大人同士の心中と違い、子供自身の死への意志や希望がないまま生涯を終えたのは本当に胸が痛いです。

子供が3人もおり、次女に関しては2歳…この恨みはここ数年に爆発したものだと考えられます。男の子である長男にだけ虐待をしていたというのも夫に似ている息子に感情が暴発して手を上げたのでしょう。

 

育児や家事を木村母にすべて押し付ける夫、仕事と言い家に全然帰ってこない夫、口ばかり出すモラハラ夫…だったのかもしれません。もしかしたら子供も望んでいないのに避妊をしてくれず性的DVを受けていた可能性もありますね。

 

夫婦間での性的DVは表面化しにくいのが現状です。そういった積もり積もった感情が爆発し「死ね」というメールを送ったり、子供の目の前でつい夫に手を上げてしまったところを切り取られ一方的に悪者にされてしまった木村母。

 

どうすれば憎い夫に仕返しが出来るのか、社会的制裁が出来るのか…考えた結果が夫のみを遺した一家心中だったのではないでしょうか。

コメント