岡田悠巡査長の顔画像・Facebookは?傷害・窃盗事件の不祥事も多数!広島県警

okadayuu 事件
岡田悠巡査長 逮捕 広島県警

広島県警巡査長の岡田悠容疑者35歳が覚せい剤のようなものを所持していたとして逮捕されました。別の覚醒剤取締法で逮捕された人物を捜査していたところ岡田悠巡査長の関与が判明したということです。岡田悠の顔画像やFacebookは?また過去の不祥事も明らかに。広島県警。

岡田悠巡査長逮捕の概要

今回逮捕された岡田悠巡査長の事件についての概要です。

 

密売人から2回にわたり覚醒剤を譲り受けたとして、広島県警は13日夜、県警機動捜査隊東部分駐隊の巡査長岡田悠容疑者(35)=同県福山市本郷町=を麻薬特例法違反(譲り受け)容疑で逮捕した。覚醒剤に絡んで現職の警察官が逮捕される異常事態となった。県警は自ら使用した可能性もあるとみて調べる方針でいる。

中国新聞デジタル

 

県警によると、今年3月、別の人物を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕。捜査の過程で岡田容疑者が浮上した。薬物の種類や、共犯者の有無を調べている。

産経新聞

 

  • 昨年12月27日 尾道の駐車場で密売人から覚せい剤を買う
  • 今年3月3日 福山市内の駐車場で密売人から覚せい剤を買う
  • どちらの日も岡田悠巡査長は非番だった
  • 13日、家宅捜索で証拠品を抑えられ逮捕
  • 岡田悠巡査長の否認については警察側は黙秘
  • 広島県警の引地信郎警務部長は「捜査結果等を踏まえ、厳正な処分を行う」とコメント

岡田悠巡査長のプロフィール

現在判明している岡田悠巡査長のプロフィールです。

 

  • 岡田 悠(おかだ ゆう)
  • 35歳
  • 機動捜査隊東部分駐隊巡査長
  • 広島県福山市本郷町在住
  • 2008年から警察官になった
  • 刑事部門を約10年経験
  • 2020年から機動捜査隊東部分駐隊に所属

 

勤務態度などは真面目だったといいます。刑事部門を10年も経験しており薬物事件の捜査に加わったこともあるということですから、その時に知り得た情報・知識で密売人らと繋がっていた可能性が高いですね。

岡田悠巡査長の顔画像

岡田悠巡査長の顔画像は判明しているのでしょうか?調べてみたところ現在のところ岡田悠巡査長の顔画像は公開されていないようです。広島県警は身内の不祥事を隠すのが得意なことで有名ですので、今回も隠すつもりでしょうか。

 

同じ広島県警で有名な事件といえば、2017年に広島中央署で特殊詐欺事件の押収品8500万円が盗まれた事件。この事件は身内の犯行として広島県警は秘匿していましたが容疑者である脇本嬢警部補が自宅で死亡したことで事が明るみに。

 

okadayuu

 

脇本嬢警部補は当時36歳。今回逮捕された岡田悠巡査長も35歳で年齢はほぼ同じ。勤務態度もどちらも真面目ということで、似た部分がありますね。

岡田悠巡査長のFacebookは?

岡田悠巡査長のFacebookを特定できるか調べてみました。まず「岡田悠」で検索すると男女共にたくさんのアカウントがヒットしました。

 

kokadayuu

岡田悠巡査長 Facebook

 

一つ一つ見ていきます。写真投稿などされているアカウントはどれも所在地や性別・年齢などが違い該当せず。

 

このような登録だけしてあるようなアカウントも見ていきましたが、やはり何の情報も書いておらず。

okadayuu

岡田悠巡査長 Facebook

 

結果として逮捕された岡田悠巡査長のものと思われるアカウントは現在のところ見つかりませんでしたが、引き続き調査していきます。

傷害・窃盗事件など不祥事多数の広島県警

広島県警は身内の不祥事が多いのに隠すことで有名です。

 

身内に関しては徹底的に秘匿するのは広島県警のお家芸
広島マスコミも追及しない。
広島中央署で8500万盗まれたときも、県警本部長は記者会見をずっと拒み続け、マスコミもそれでよしとしてきた土地。
保守の極楽だよ。
その結果が不祥事警官の大量生産だけど・・・まあ。

 

他の公務員や民家人なら間違いなく名前が出ますし、他の公務員が同じことやったら職場にメディアが駆けつけて大変なことになります。
ましてや、機動捜査隊て刑事でしょ?刑事も細分化されて色々な係りがあるでしょうけど、薬物とか調べる立場だよね!!
社会的影響が大きいの明白なんだから、公表しなさい。
それとも、暴力団等と繋がってて身の危険とかで非公表ですか??自業自得だよ。

 

実名公表しないの?
内輪には甘いよな。
真面目に一生懸命に市民を守ってくださってる
警察官の皆さんも悔しくて仕方ないんじゃないだろうか。
ってドキッと来てる人、今のうちに自首してください。
これ以上、警察の品位と信用を失わないようにしてもらいたいです。

 

そこで過去の広島県警の身内の不祥事を調べてみました。

2008年6月〜2013年2月

広島西警察署の交通課長の男性警部が架空の領収書などを部下に作らせたり自作するなどして、捜査協力者への謝礼費を総額約56万円を着服。業務上横領容疑・懲戒免職処分とした。

 

書類偽造に関わった部下17人、上司3人については本部長注意・刑務部長注意で済ませています。

 

1996年〜2014年10月

広島市安佐南区の交差点において1996年に県警が作成した交通規制台帳の内容が車線数の変更をしないままになっていたため、2014年10月までに発行された反則切符1000件以上が無効になった事件

 

2014年〜2015年1月

広島中央・広島西・海田の3警察署が、広島簡易裁判所へ送るはずの被疑者の名前入りFAXを間違えて民家に送信していた事件。そんなアホな…。

 

2015年5月

広島東警察署地域課巡査長が立場を利用し女性の電話番号を入手、女性を脅して性行為を迫ったとして強要未遂罪で起訴。さらに別の強要未遂と個人情報保護条例違反容疑で追送検されていた事件。

 

2017年5月8日

広島中央警察署会計課の金庫に保管されていた、特殊詐欺事件の証拠品”約8500万円”が同署の脇本嬢警部補に盗まれた事件。脇本嬢警部補は自殺。脇本嬢警部補は9300万円もの借金を抱えていたといいます。

 

2020年7月21日

広島県警本部の留置管理課課長補佐の54歳の男性警部が病気休職期間中に、広島市内の居酒屋で知人男性に殴る蹴るの暴行を執拗に行い傷害容疑で逮捕された事件

 

2020年7月23日

福山東警察署地域3課の男性巡査部長が広島市内の路上で、女性に声をかけナンパ。その女性の交際相手の男性の顔面を殴り軽傷を負わせた事件。

 

 

信じられないようなミスや傷害に窃盗…広島県警に所属している警察官たちは「犯罪を犯しても広島県警なら守ってくれるし♪」と半ば犯罪者思考の者が多いのでしょうか。これでは真面目に頑張っている警官たちが(いるとすれば)馬鹿を見ます。