宮本浩志容疑者の文春取材、愛妻家で有名だった!「まゆちゃんが若い頃の妻に似ていて嫉妬」大阪天満カラオケパブごまちゃん

goma カラオケパブごまちゃん殺人事件
稲田真優子さん 宮本浩志妻

カラオケパブごまちゃんのオーナー稲田真優子さんを殺害したとして逮捕された宮本浩志容疑者。近隣住民の証言で異常なまでの愛妻家であったことが発覚。また稲田真由子さんに入れ込んでいた理由が「妻の若い頃に似ている」という理由だったことも判明。文春。

 

宮本浩志容疑者ツイッター”たけのこ”は別人!「まゆちゃんから俺へ愛のメッセージ」大阪天満カラオケパブごまちゃん
大阪天満にあるカラオケパブ「ごまちゃん」のオーナー、稲田真優子さんが殺害された事件で犯人として捕まった宮本浩志容疑者56歳。宮本浩志容疑者が稲田真由子さんのツイッター投稿を見て「愛の匂わせ投稿」と勘違いしたきっかけのツイートを特定しました。
稲田真優子さん殺人ではなかった!「悪魔召喚に失敗した代償」大阪天満カラオケパブごまちゃん
大阪天満のカラオケパブごまちゃんで死亡しているのが見つかった稲田真由子さん25歳。凶器は見つかっておらず犯人も逮捕されていません。警察は殺人事件として捜査をすすめていますが、そもそも殺人ではなかった可能性が高くなってきました。稲田まゆこさんのツイッターに不審なツイートがありました。

宮本浩志、愛妻家で有名!近隣住民の証言【文春】

宮本浩志容疑者について文春が近隣住民へインタビューをしていました。

 

10年ほど前、同じ団地に住む家族が駐車場に車を止め、子供がドアを開けようとした際、父親が「ぶつけないように気をつけてや」と注意したことがあった。すると、それを聞きつけた宮本が上の階から降りてきて、こう言い放ったのだ。

「いま、自分の車にぶつけたやろ!」

親子が何度否定しても、「いや、傷ついてる気がする」と言い張り続ける宮本。困り果てた親が警察を呼ぼうとすると、しぶしぶ諦めて帰ったのだった。

文春オンライン

 

文春の取材を受けた近隣住民の方は過去に宮本浩志容疑者から、いわれのないことで恫喝されていたということです。普段はおとなしく温厚な性格だったという宮本浩志容疑者。会社でも真面目で朝一番に出社しており、勤務態度も優良。

 

そんな宮本浩志容疑者がキレるポイントがあったのです。それは大好きな妻に関することでした。10年ほど前に近隣住民の親子を恫喝したとされるこの話も、宮本浩志容疑者をよく知る住民・Aさんからの証言で妻に関することだったことが判明します。

 

 

Aさんによると

「宮本くんはそれはそれは嫁さんを大事にしとった。堀北真希に似てて宮本くんとは不釣り合いな可愛らしい嫁さんでなあ。車の話も、あの車は嫁さんとの思い出の車なんやって話してくれたことがあってな。古い車やったけど毎週丁寧に洗車して大切にしとったわ。メンテが大変になってきた言うてちょっと前に乗り換えたんやけど、寂しそうにしとったわ。」
「数年前に知り合い同士で飲んどった時に一人が『あんた(宮本浩志容疑者)の嫁はん、他所に男でもおるんちゃうか(笑)じゃないとあんたと結婚せんやろ』とからかったことがあったんやけど、その時の宮本くんの顔は今でも忘れられへん。鬼の形相とはあのことやな。普段は酒の席のジョークぐらい笑って受け流すんやけど、嫁さんのことになったら人が変わるんや。なだめるのが大変やった」

 

とのこと。奥さんとの思い出の車にも執着する異常なまでの愛妻家だった宮本浩志容疑者。文春によると宮本浩志容疑者は学生時代から目立たず、教室の隅に居るような少年でした。同窓会にも一度も顔を出しておらず、モテない人生だったのは明白。

 

そんな非モテ童○の宮本浩志容疑者の前に現れた一人の女神。小柄で優しく微笑むその美女に宮本浩志容疑者は一気に心を奪われます。今の奥さんです。なんとか交際にまでこぎつけ、結婚することもできた宮本浩志容疑者。非モテだった宮本浩志容疑者が、美人だと有名な奥さんを大事にするのも無理はないですね。

 

しかし、宮本浩志容疑者はこの”小柄で美人な奥さん”に執着するあまりとんでもない事件を起こしてしまいました――。

 

”たけのこ”は宮本浩志容疑者ではなかった!

宮本浩志「妻の若い頃に似ていて嫉妬してしまう」

文春でも奥さんについて語られている部分がありました。

高校生と20歳ぐらいの娘さんと、小柄で美人の奥さんとの4人家族。最近も、娘さん2人と宮本さんで電車に乗って出かける姿を見ました。どこにでもいる普通のお父さんという印象です

 

Aさんの証言通り小柄で美人の奥さんとあります。異常なほどに妻へ執着していることからすると、宮本浩志容疑者のタイプど真ん中だったのでしょう。そして宮本浩志容疑者が殺害してしまった稲田真優子さんも小柄で美人な女性です。

 

hiroshi

稲田真優子さん 宮本浩志容疑者

 

ただ、自分のタイプど真ん中だったからといってそれだけで愛妻家の宮本浩志容疑者が稲田真優子さんへ執着するのは腑に落ちません。しかし稲田真優子さんは宮本浩志容疑者の奥さんの若い頃にそっくりだったとすれば納得行くのです。

 

それも妻と出会った頃の姿そのままのようだった稲田真優子さん。宮本浩志容疑者はお酒の力もあり目の前にいるのが「まゆちゃん」ではなく「出会った頃の奥さん」にしか見えていなかったのでしょう。時を越えて再び出会った二人、運命と言わずしてなんと言うのか――。

 

文春によると宮本浩志容疑者が前の店を出禁になった理由について「相手にされず放っておかれると不機嫌になり、キレて揉め事になったこともある。A(前の店)のオーナーが『もう来んといてくれ』と出禁通告したこともあったそうです」と報じています。

 

若い頃の奥さんこと、まゆちゃんが他の男性と話しているのが気に食わなかった宮本浩志容疑者。それもそうですよね、自分と不釣り合いな美人な奥さんが他の男と楽しそうに話している姿など見たくありません。自分に自信がなく嫉妬するしかなかった哀れな宮本浩志容疑者。

 

宮本浩志容疑者「悪魔に操られていた」

稲田真優子さんを妻色に染めようとする宮本浩志

また稲田真優子さんを自分の妻色に染めようとする宮本浩志容疑者の異常な行動も分かりました。文春でも報じられていたように稲田真優子さんは甘いものが苦手。

 

そんなまゆさんに、ヒロシさんはショートケーキ、チョコレート、クッキーなど、甘いお菓子ばかり買ってきていました。まゆさんに『甘いものは苦手だと伝えたらどうですか』というと、『言ったんですけど、甘いものを好きになって欲しいから持ってくるんだ』って……

 

来店のたびに稲田真優子さんへ甘いお菓子のお土産を渡していた宮本浩志容疑者。稲田真優子さんは律儀な性格だったので「お土産は嬉しいけど甘いものは苦手だ」としっかり伝えています。それに対し宮本浩志容疑者は「甘いものを好きになってほしいから持ってくる」と斜め上の回答。

 

これには理由がありました。それは宮本浩志容疑者の奥さんが甘いもの好きだったからです。容姿などは完璧なまでに若い頃の奥さんにそっくりだった稲田真優子さん。しかし唯一違った好きな食べ物…甘いお菓子。

 

宮本浩志容疑者は稲田真優子さんを完全な妻色に染め上げようとしていたのです。最初から稲田真優子さんの意思など尊重する気は微塵もありませんでした。”自分の妻に寸分違わず近づけたい”この歪んだ想いしかなかったのです。

 

宮本浩志容疑者のツイッター匂わせがやばい

大阪天満カラオケパブごまちゃん殺人事件の概要

宮本浩志容疑者がカラオケパブごまちゃんのオーナー、稲田真優子さんを殺害した事件についての概要です。

 

大阪でカラオケパブ経営の女性が殺害された事件の発覚から1週間。逮捕された男は店の常連客でした。

大阪市北区のカラオケパブで経営者の稲田真優子さん(25)が殺害された事件で、警察は6月18日に店の常連客だった会社員・宮本浩志容疑者(56)を殺人の疑いで逮捕しました。

MBSニュース

 

宮本浩志容疑者ツイッター”たけのこ”は別人!「まゆちゃんから俺へ愛のメッセージ」大阪天満カラオケパブごまちゃん
大阪天満にあるカラオケパブ「ごまちゃん」のオーナー、稲田真優子さんが殺害された事件で犯人として捕まった宮本浩志容疑者56歳。宮本浩志容疑者が稲田真由子さんのツイッター投稿を見て「愛の匂わせ投稿」と勘違いしたきっかけのツイートを特定しました。
稲田真優子さん在日韓国人だった!「金銭トラブルがあった、ストーカーは関係ない」大阪天満カラオケパブごまちゃん
大阪天満の雑居ビルでカラオケパブごまちゃんのオーナーである稲田真由子さん25歳が殺害されているのが見つかった事件。稲田さんはストーカー被害にあっており、その男が犯人ではないかと言われていました。しかし稲田まゆこさんは在日韓国人でお金のトラブルがあったという話が浮上。
カラオケパブごまちゃん殺人事件
りりあんニュース