近藤和人顔画像・元勤務先学校特定!多目的トイレ女児わいせつ常習犯!同情するほど職場環境が酷かった

事件

葛飾区の公園の多目的トイレで小学生の女の子にわいせつな行為をしたとして元私立高校教師の近藤和人容疑者が逮捕されました。なんと近藤和人去年も公園のトイレへ小学生を連れ込みわいせつ事件を起こしていました。元職場の環境が大きなストレスになっていたと話す近藤和人。どんな職場環境だったのでしょう。

近藤和人多目的トイレ女児わいせつ事件概要

近藤和人容疑者は先月葛飾区の公園で小学生の女の子の自転車の鍵をこっそり抜き取り、鍵を探している女の子に「鍵を一緒に探してあげる」と声をかけ「トイレの中にあった」と多目的トイレに誘導しわいせつ行為に及んでいます。

 

自力で逃げ出した女の子が母親に被害を伝えたことで事件が発覚しました。近藤和人はこの事件に関して黙秘。これ以外にも余罪があると見て警察は調べを続けています。

 

しかし近藤和人容疑者、去年にも同様の手口でわいせつ事件を起こして逮捕されていました。その逮捕後にも懲りず何度も同じような手口で犯行をおこなっていたようです。去勢が必要ですね。

近藤和人女児わいせつ事件常習犯だった

近藤和人容疑者は女児わいせつの常習犯です。去年も同じく葛飾区の公園で小学6年の女の子をトイレに連れ込みわいせつ行為をはたらいています。やり口もワンパターンでこのときもあらかじめ女の子の自転車の鍵を抜き取り隠し、鍵を探していた女の子に声をかけ「一緒にかくれんぼしよう」などと意味不明なことを言ってトイレに連れ込んでいます。

 

このやり方で何度も成功しているので味をしめていたのでしょう。また被害にあった女の子が怖くて大人に相談できないのも分かっててやっていますね。このときは現役の高校教師だった近藤和人。

 

「生徒の進路相談などのストレスで、自分の欲求を抑えきれずにやってしまいました」などと供述。こんな奴に進路相談しなければいけなかった学生の方がストレスがたまるわ!と言いたいです。

近藤和人の顔画像特定

近藤和人の顔画像の特定です。今回の事件ではしっかり顔を隠している近藤和人。

もう反省していないのが丸わかりですね。しかし去年起こした事件のときに顔は割れています

 

去年の画像ですが、目の様子から見ても普通じゃないのが分かります…。

近藤和人の元勤務先の高校はどこ?

近藤和人は今回の事件では元教師と報道されています。去年のときは教師だったので、解雇され現在無職ということでしょうか。どこの高校に勤務していたのでしょうか?

 

東京都内の私立高校と報道されていました。近藤和人は葛飾区在住となっています。葛飾区周辺の私立高校は地図で見ると以下のとおりです。

匿名掲示板には女子校だという情報も書かれていましたが真偽は定かではありません。小学生ばかり狙っていることからロリコンだったのでしょう。生徒には手を出していないと願いたいです。

(追記)

近藤和人が勤務していた高校が特定されました。「東京文理学院」という通信制の高校のようです。

通っていた生徒が「学校の教師が2019年6月に逮捕された」「よく生徒が(近藤和人容疑者に)怒鳴られていた」「自校の教師が被害者の心を傷つけるようなことをして申し訳ない」という証言もしています。

近藤和人元勤務先、東京文理学院はどんな学校?

近藤和人が逮捕されたとき「生徒の進路相談などのストレス」が原因だと話していましたが、東京文理学院とはどんな学校なのでしょうか。ホームページを見てみると通信制で様々な不安を抱える生徒のサポートをしていく学校のようです。

 

とくにいじめ関係や進路先でもやっていけるような指導に力を入れているようです。

  • 人間関係が不安な生徒が多い
  • いじめを受けた経験を持つ生徒が多い
  • そのため教師は日常生活のちょっとしたキツイ言動も聞き逃さず注意する
  • こじれるまえに先生と生徒で解決の糸口を探す
  • 人間関係がうまくいかなくても担任の先生が必ずフォロー

 

  • カウンセラーが常駐
  • 場合によっては生徒が通っている病院やカウンセラーと学校の先生が面談。
  • 面談の内容で指導方針を決めることもある。

 

  • 卒業後の進路が不安な生徒でも大丈夫
  • 学校生活を通じて社会性や受験レベルの学力、メンタル育成を行う
  • 推薦やAO入試は担任が熱心に面接指導
  • 卒業後も継続したアフターケアあり
  • 保護者からの相談もOK

 

入学する生徒さんや保護者から見るととても手厚いサポートが受けられて良い学校ですね。個人のことをしっかり先生たちが見ている安心感があります。

近藤和人、東京文理学院の環境がストレスに

しかし元教師である近藤和人から見ると日々がストレスの連続だったようです。生徒に常に気を配らなければいけないし、心に不安のある生徒が多いならば接し方にも人一倍気を回さなければなりません。

 

生徒の進路指導も行っていた近藤和人。おそらく3年生の担任だったのでしょう。生徒たちは学院を離れて進路先へ進まなければならないという不安からピリピリムードだったのは想像できます。東京文理学院では担任が熱心に面接指導なども行うとありました。

 

近藤和人は担任として不安な状態にある生徒をしっかり受け止め、指導しなければならないという責任重大な立場にありました。1クラスの生徒数は30人。生徒一人ひとりの心の状態に合わせて指導してくのはとても大変なことだったと思います。

 

「生徒の進路相談などのストレスで、自分の欲求を抑えきれずにやってしまいました」

 

特にデリケートな時期の生徒へ真摯に対応しなければならないそのストレスに負けてしまった近藤和人。しかしこれは去年の話。今回逮捕された時は教師ではないので生徒を言い訳にすることはできません。なので黙秘しているのでしょう。

近藤和人の情報

近藤和人の情報です。新しい情報が入り次第追記します。

 

  • 近藤和人(こんどう かずと)
  • 32歳
  • 葛飾区在住
  • 元高校教師(現在無職の可能性大)
  • 女児わいせつ常習犯
  • 手口は自転車の鍵を隠して声をかけてトイレへ連れ込み

アンジャッシュ渡部飛び火で復帰絶望か

奇しくも近藤和人の多目的トイレ事件が報道された今日は、同じく多目的トイレで不倫行為を繰り返していたアンジャッシュ渡部の会見日です。渡部は女児わいせつではありませんが多目的トイレでわいせつ行為を繰り返していたのは一致します。

 

会見をし復帰への道を開こうとしていたアンジャッシュ渡部ですがこのタイミングは間が悪すぎました。偶然にしては出来すぎたタイミングですね。復帰は絶望的と言えるでしょう。

コメント