道路族マップに身バレしない登録方法!被害届や開示請求はされない?

道路族対策

道路族マップの存在を知り「ぜひ登録したい!」と思った道路族被害者の方も多いと思います。しかし多くの方の頭をよぎるのは「自分が書いたと道路族にバレたらどうしよう」ということだと思います。道路族マップに書いても身バレしない方法と安全な書き方を教えます。また道路族側が「道路族マップに登録された!」と警察に被害届を出したりできるのか?などにも触れていきます。

道路族マップとは?

道路族マップとは道路や駐車場で子供を遊ばせ近隣住民に迷惑行為をし続ける非常識な人達、通称”道路族”がどこにいるのかを示すマップのことです。引きで見ると全国に相当数の道路族がいることが分かります。もちろん全員が登録されているわけではないので実際はこの何倍も道路族がいると思っていいでしょう。

 

douro_map

21.08.21時点 道路族マップ

 

登録は誰でも出来ますし、削除依頼もできますが道路族が削除依頼を出す条件として「今後道路で遊んだりしない」ということをマップオーナー様に約束する必要があります。もちろん登録者が誰か明かされたりはしません。

 

道路族の騒音が響く家と響かない家の違い3選!後から対策はできる?
外から聞こえる道路族の奇声が部屋に響いてうるさい!という経験はもちろん皆さんありますよね。音が響く家と響かない家の違いって何なのでしょうか?また、後から音の響きにくい部屋にできるかも気になりますよね。調べてみました。

道路族マップに登録して身バレしない方法

道路族マップに登録する際に最も懸念するのが身バレでしょう。多くの方が自分の家の周辺を登録するでしょうから身バレを恐れるのは当然ですよね。道路族マップに登録して身バレするのでしょうか?

 

そもそもマップ上には登録者(道路族被害者)の情報は一切表示されません。道路族マップを見ただけでは誰が登録したか分からないため身バレの心配はありません。特に道路族へ直接注意した経験がなければ安心してよいと思います。普通に登録するだけで身バレはしません。

 

しかし「過去に直接注意してしまい登録したらうちだとバレるかも」と思っている方もいますよね。私もそうでした。一時は登録を見送っていましたが書き方でばれない工夫をし、今の所身バレしていません。(身バレして道路族が何かしてくればしっかり証拠を取っておく準備はしています)

道路族マップの安全な書き方

最初に道路族マップに登録するにあたって、道路族マップサイトFAQ等をしっかりと読みましょう。忘れてはいけないのがここ。

 

道路族マップは、誰が道路族行為をやっているのかを晒す場ではありません。どこで道路族行為が行われているかを共有するためのものです。

道路族マップFAQより一部引用

 

本当にボロクソありのままを書いてやりたい気持ちは十分にわかります。しかし第三者に理解してもらうにはまず冷静で居なければなりません。道路族マップに登録する際の安全な書き方のポイントをおさえておきます。

 

個人が特定できるような書き方をしない

「この道路の何件目の家」「小太りの小学4年ぐらいの男児」「女児3人組」「道路族のイニシャル」など、知る人が見れば誰のことか分かるような詳細な書き方はダメです。複数人、道路族などと表記してボカしましょう。まず詳細に書くと道路族マップの登録申請が下りません。被害届や開示請求の話につながるので後述しますが知る人(ご近所や本人)が見れば誰のことか分かるような書き込みは自分の身を危うくします。

 

近くのポイントを複数登録しない

「道路族の家族が複数いるから家庭数ぶん登録しよっと!」「住宅地中の道路全部で遊んでるからここの道路まんべんなく登録しとこう!」これはダメです。道路族マップオーナー様が制限していますし、第三者が見た時に「道路族って酷い!」ではなく「うわ…これ登録してるやつの方が頭おかしいじゃん…」といった印象を持ってしまいます。

同じ場所に幾つもポイントが打たれている様は、被害者側が神経質過ぎるのでは?という印象を与えたり、むしろそこはもう遊んでも全然平気と思われたり、逆効果になると考えています。このような理由から至近距離への複数のポイント登録を制限しています。

道路族マップFAQから一部引用

※家屋は登録できません。道路のみです。

 

簡単に書きすぎない

詳細に書くと危ないと最初に書きましたが、簡単すぎるのも申請が下りません。『タイトルや内容が「道路族」や「騒音」のみなど具体的な内容が乏しすぎるケースを今後整理削除する方針といたします。』と道路族マップオーナー様も明記しています。被害内容をある程度書きましょう。

例)「道路遊びに夢中で車が来ていても急に飛び出してくる。〜(続く」「朝から晩まで道路で大声を出したり、ボールをつく音が響いている。〜(続く」etc…

 

悪口にならないようにする

道路族は憎いですよね。私も冷静に書くよう努めていますが現在も外で騒いでいるため口汚い言葉でつい書いてしまいそうになります。(愛用の耳栓を装着)しかし、悪口はいけません。ネット上にそういったことを書くことはリスクがあります。そもそも道路族マップへの申請が下りません。申請する際は一度、第三者目線になって事実だけを冷静に書きましょう。

 

身バレしない工夫

最初に身バレしない工夫をして道路族マップに申請したと書きましたが、まず上記のポイントをおさえて書きます。そして読み返した時に「自分しか知り得ていない情報を書いていないか?」をチェックします。

 

例えば「花壇を荒らされました」「敷地内に勝手に入り○○を傷つけられました」などといった被害状況。関係ない人が見れば「え、道路族って酷い!!」となりますが、加害者である道路族が見ればどこの家の事か分かってしまいますよね。よく推理モノにある「アレレェ〜?その情報は犯人しか知らないはずだよ〜?」みたいなことです(笑)※犯人=道路族被害者 に置き換えてください

 

第三者になりきって本当の事を冷静に書く!これに尽きます。真実はいつもひとつ!

道路族が被害届を出したり開示請求はできない?

直接の身バレも怖いですが、道路族マップに登録したことによって道路族が警察に被害届をだしたり開示請求してくるんではないか?といった心配もしますよね。結論を言えば心配しなくて大丈夫です。

 

まず警察へ被害届…ですが受理されないでしょうね(笑)警察も仕事は増やしたくありませんし、言いくるめられて帰されるのがオチです。そもそも先述した通り道路族マップには「個人を特定できる情報」「誹謗中傷」は書き込めません。(道路族マップオーナー様に感謝ですね)

 

知り合いが殺害予告をネットに書き込まれ警察へ相談へ行きましたが「具体的に個人を指していると判断できない」「書かれるようなことに心当たりがあるならそこを解決してください」といった理由で被害届を出すことも出来ず帰されています。道路族が被害届をだしてやる!と意気込んで警察へ乗り込んだとしても同じことを言われて終わりです。

 

 

知人の殺人予告の内容はとても詳細で「これは捕まるだろ…」といった内容でしたが、それでも警察は動きません。だからといって人を傷つけるようなことは書いてはいけませんよ!場合によっては本当に捕まります。

 

開示請求についてですが道路族マップのサイトの記載を見てみましょう。

取得したIPアドレスは当方が脅迫等の被害を受けた場合の証拠と、裁判所等からの正式な開示請求への対応以外の使用は一切行いません。
通常、個人を特定した情報や過剰な誹謗中傷が含まれる申請については反映を見送っておりますので、後者のケースは無いと考えますが目的外使用とならないよう念の為記しております。

道路族マップより引用

 

開示請求要請が正式にあれば従わざる得ないわけですが、そもそも個人を特定した情報や過剰な誹謗中傷が含まれる申請については反映を見送っているわけですから開示請求される心配はないと思うよ、ということです。

 

道路族マップオーナー様が気を配って申請内容を精査してくれていますが、だからといってすべてを道路族マップオーナー様に任せるのは大きな間違いです。「マップオーナーは登録されたポイントについての責任は一切負いません。」としっかり明記されていますので、自分で書いた文には自分で責任を持つ意識が大切です。

 

道路族被害の体験談。”赤ちゃんが寝てるなんてそっちの都合だろうが!”恫喝隣人たちから嫌がらせの日々
管理人sayakaの道路族被害の実録です。私も道路族被害者です。数年戦い道路族被害はマシにはなりましたが戦いは未だに続いています。身バレ防止の為一部フェイクが入っています。記事のシェアはご自由にどうぞ。
PARKFULの使い方!"遊ぶ場所がない"とは言わせない!近くの公園の場所が分かるサイト・アプリ
道路族に住宅地や道路で遊ばないようにお願いすると、必ずと言っていいほど返してくる言葉が「遊ぶ場所がないから道路で遊んでいる」ですよね。その言葉に対する答えをたくさん持っておくと安心です。また道路族から避難する場所探しにも使える便利サイト・アプリをご紹介します。

コメント