道路族被害の体験談。”赤ちゃんが寝てるなんてそっちの都合だろうが!”恫喝隣人たちから嫌がらせの日々

dourozoku_higai 道路族対策

管理人sayakaの道路族被害の実録です。私も道路族被害者です。数年戦い道路族被害はマシにはなりましたが戦いは未だに続いています。身バレ防止の為一部フェイクが入っています。記事のシェアはご自由にどうぞ。

道路族被害の体験談。新興住宅地へ引っ越し

とある田舎の新興住宅地へ戸建てを建て、夫・私・子と共に引っ越しました。新興住宅地ではうちが1番最初に引っ越してきており、2ヶ月ほどは静かに暮らせていました。しかし周りがどんどん入居してきて状況は一変。

 

新興住宅地の住民はすべて子持ち。引っ越してきた際の挨拶では普通の人達に思えましたが全く違いました。

 

朝から夜の21時頃まで住宅地の道路で20人近くで騒ぎ続ける住民たち。最初は「皆元気だな〜」「引っ越してきたばかりだしテンション上がっちゃうよね」ぐらいにしか思っていませんでした。当時私の子供は生まれたばかり。静かにしてほしいなと思いつつも、そのうち落ち着くだろうとのんきに考えていたのです。

 

道路族「赤ちゃんが寝てるなんてそっちの都合だろうが」

ある日なかなか寝付かなかった我が子がやっと寝てくれたので安心していたところ、家の前から道路族の耳をつんざくような奇声やかたいボールをつく音、プラカーでガラガラと走り回る音が。せっかく寝てくれたのに起こされては困る、とこの時私は初めて道路族へ”お願い”をしにいきました。

 

みんなで楽しく遊んでいるところ水を差して申し訳ないのですが、赤ちゃんが寝ているので少し静かにしてもらってもいいですか?

 

本当に低姿勢にお願いをしました。しかし道路族(親たち)は笑いながら「遊んでるだけなんで(笑)」隣人の男なんて「赤ちゃんが寝てるなんてそっちの都合だろうが!お前の都合を押し付けるな!」と急に高圧的な態度で逆ギレ。ビックリしてしまいうまく言葉が出てきませんでした。

 

これまで住民たちとはトラブルも起こしていませんでしたし、外で会えばお互いに笑顔で挨拶する仲でした。しかし集団になり気が大きくなっている道路族達からすれば、遊びを邪魔しにきた私は”敵”以外の何者でもなかったのでしょう。

 

子供を家に置いてきていることもあり言い合いする時間もなかったため「せめてうちの前では控えてくれると助かります」と力なく言い、家へ戻りましたが状況はマシになるどころか悪化。

 

挙句の果てに隣人の男は夫が帰ってくるのを待ち伏せし「公園に行く途中に事故でもあったら責任取れるのか。公園で遊ばせたいなら金を出せ。お前の嫁は頭がおかしい。」と金銭を要求してきました。すぐに警察へ行きましたが証拠の音声を取っていなかったために”相談”として処理されてしまいました…。

 

こちらも子供が居るので「家の中から音が漏れ出ていて迷惑になっていたのかも?」と思い夫と何度も確認・検証しましたが、窓を閉めている状態だとうちからはそういった音は出ていませんでした。

 

嫌がらせがはじまる

その後も数ヶ月同じ状況が続き、更には家の壁や車へボールを何度もぶつけられたり敷地内へ勝手に入ってきて物を壊されたりといった被害が出てきました。私の車には傷が入れられていました。最終的にはフェンスも何箇所も曲げられていました。子供だけではなく大人も一緒にこういったことをするのです。

 

道路族(親)が複数人居るときは高圧的な態度をとられ、悪口を言われたりもしました。族親が1人だと何も言わず逃げられ、私が家に入った途端道路遊びを再開するなどされました。

 

そんな親たちを見ているので当然、道路族の子どもたちも私をバカにしたり率先して嫌がらせをするようになってきました。私が車を出す時に死角に隠れわざと飛び出してきたりなどもされ、危ない思いもしました。(住宅地なので常に徐行ですが)

 

外へ出るのも嫌になり、雨戸やカーテンを締め切るようになりました。しかし子供のためそんな生活も続けられないので、子供を公園へ連れて行くときはインターホンから外の様子を伺い、誰も居ないときを見計らって出るようにしていました。家へ帰るのが憂鬱で、なるべく日が落ちてから帰るようにしていました。

 

買い物も夫が帰ってきてから夜遅くに一人でまとめてするようになりました。段々と道路族のせいで自分たちの生活がめちゃくちゃにされていることに気が付き始めます。

 

各所へ相談する

急に腹が立ちました。思い返せば私は何一つ間違ったことは言っていないし、していないのです。ここで初めて道路族に直接言っても無意味・悪化するだけだと気づきました。困っている人がいるのにそれを面白がって嫌がらせをするような人が親になっているなんて事、想像もしていませんでした。

 

SNSなどで情報をあつめ自治会・市・学校・教育委員会・保育園・警察など…各所に相談しにいきました。各所に相談する方法などは下の記事でまとめていますので参考にしてください。

 

道路族の通報方法や相談先の手順まとめ!辛いときには通報して大丈夫!永久保存版
直接お願いや注意をしたぐらいじゃ迷惑行為を止めず、むしろ道路遊びや騒音をエスカレートさせるのが道路族。非常識な人達を直接相手にし続けるのは身の危険もあります。「道路族がうるさくて辛い」「敷地に何度も侵入されて落ち着かない」こんなときは通報して大丈夫なんです。「一体どこに通報すれば良いの?」「通報はハードルが高い…」そんな方にも安心して行動してもらえるように、通報場所や手順を永久保存版としてまとめました。

 

結果を言うと道路族被害はマシになりました。数軒は道路族ボスに逆らえず同調しているだけでした。が、ボス格2軒はしぶとく嫌がらせを続けてきています。自治会は道路族たちが怖いため何もせずこちらに我慢を強いてきたため退会し、村八分状態です。

 

絶対に道路族に直接お願い・注意をしてはいけません。

 

それと小さなことでも証拠は必ず撮っておきましょう。最初の方に証拠を撮っていなかったことを非常に後悔しています。被害を口頭で伝えるだけでは警察は動きません。

 

道路族被害の証拠動画を撮るのは違法?盗撮や盗聴にならない?
道路族被害にあったらしておきたいのが”被害状況の証拠を撮って残しておく”ことですね。しかし、証拠を撮ると言っても「盗撮にならないのか?」「違法なことではないのか?」と不安に感じてしまう方も多いと思います。その疑問を解決して安心して証拠を撮れる方法をご紹介します。

コメント