朝乃山、宗野周介記者にハメられたか!文春とスポニチがグルだった可能性が浮上

asanoyama 文春
朝乃山 宗野周介 キャバクラ通い

大関朝乃山が緊急事態宣言下にも関わらずガイドライン違反をしキャバクラに通い詰めていたと文春が報道。報道時は事実を否定していた朝乃山側でしたが報道から一夜明けて文春の報道を認める姿勢へ。なぜ一変して報道を認めたのか。それはキャバクラへ同行していたスポニチ記者と文春との関係が大きく影響していました。

福岡北九州フェニックスに清田育宏が移籍説浮上!「堀江氏はずっと目をつけていた」関係者暴露
ホリエモンこと堀江貴文氏が新球団「福岡北九州フェニックス」を設立と自身のツイッターで発信しニュースになりました。なんとそのメンバーに、今回不倫騒動で騒がれているロッテ清田育宏選手を迎え入れようという話が進んでいることが関係者の話により発覚。
中込愛美さんインスタ顔画像が可愛すぎる!ネイルと映画が大好きなおしゃれ女子!最終投稿は2週間前
千葉県袖ヶ浦市の竹林で遺体で発見された美容師見習いの中込愛美さん19歳。中込あみさんのインスタグラムや顔画像を特定。可愛すぎると話題に。中込愛美さんのインスタグラムからネイルと映画が大好きなおしゃれ女子だったことが判明。最終投稿日は2週間前でした。

【文春砲】朝乃山、闇営業キャバクラ通いの概要

文春オンラインにて闇営業キャバクラへ足繁く通っていたことが明るみになった朝乃山。文春が記事を掲載した当時は事実を真っ向から否定していました。朝乃山の闇営業キャバクラ通いについてまとめました。

 

まず相撲協会では昨年7月に「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」というものを発表しています。昨年5月にコロナで28歳の力士が亡くなったのを受けてのことでした。今回朝乃山はそのガイドライン内の「近隣以外への緊急な外出や必要な外出は、師匠が協会に相談した上で行う」「番付発表後からは原則外出禁止」といった項目に違反したということです。

 

  • 緊急事態宣言下の5月7日、夜の東京・神楽坂にて朝乃山を張っていた文春記者に、朝乃山に同行していた40代の男X氏が恫喝。
  • 「こっちは素人じゃねぇんだよ!カメラ持ってんだろ!」と文春記者の車のドアをこじ開けたX氏はスポニチの記者の宗野周介氏。
  • 文春側が「あなたは誰ですか」と問いかけると無言になり朝乃山と西麻布の闇キャバクラへタクシーを向かわせる。
  • 文春記者を気にしつつも闇キャバクラへ入っていく朝乃山とスポニチ記者宗野周介氏。

 

西麻布の闇キャバクラとは、文春いわく緊急事態宣言など関係なしに明け方まで営業している会員制キャバクラだそうです。お忍びで野球選手や有名人が通っているのだとか。そうなると朝乃山だけでなく他にも問題になるスポーツ選手や有名人が出てきそうですね。

 

文春記事内では宗野周介氏は”X氏”と書かれていましたが、なぜスポニチ記者が宗野周介氏と判明したのかというと文春の記事内で宗野周介氏が執筆した記事の題が書かれていました。

朝乃山とべったりのX氏はスポニチのウェブ版で、「朝乃山、見た目と違って豪快な一面も『ケチと思われたくないっすから』」(20年3月26日)と題した記事も執筆。

文春オンライン

 

この「朝乃山、見た目と違って豪快な一面も『ケチと思われたくないっすから』」を検索してみると宗野周介氏のことだと判明。記者の名前ではなく記事題を書くことに意味があったようですね。続きます。

 

 

  • 深夜3時まで闇キャバクラを楽しんだ朝乃山とスポニチ記者宗野周介。
  • 朝乃山は去年から闇キャバクラの常連で週3回の頻度で来店することも。
  • 席はいつもVIP席。いつも誰かを従えている。支払いはだいたい朝乃山がしていた。
  • 闇キャバクラの佐々木希似の女の子を本気で口説くも失敗している。
  • その後闇キャバクラ系列店の堀北真希似の女の子を狙っている。

 

相当出会いがないのかモテないのか闇キャバクラで本気の女漁りをする朝乃山。みっともなくて涙が出てきます。一応縁談の話も出ているということですがいっちょ前に面食いな朝乃山、タイプではなかったのでしょう。その後文春の記事はスポニチ記者、宗野周介氏へスポットを当てます。

 

 

冒頭で記載した朝乃山が違反した相撲協会のガイドラインですが、その対象者はメディア関係者も含まれています。スポニチの宗野周介記者は相撲担当記者。がっつりとガイドライン対象者ですし”知らなかった”は相撲担当として通用はしません。

 

  • 文春は5月18日に改めてスポニチ宗野周介記者を突撃。
  • 朝乃山と闇キャバクラへ行った日のことを問いただすも、宗野周介記者は「行っていない」と否定。(文春は写真も撮っているので証拠あり)
  • その後スポニチに文春が問い合わせる。スポニチの回答は以下。

「宗野周介記者が5月7日に神楽坂で朝乃山関と待ち合わせをしたことは事実です。その後、西麻布に行き、パーソナルトレーナーを紹介しました。大関とは飲食をせず、午後10時ぐらいに別れたそうです

 

朝乃山と会ったことは認めていますが「闇キャバクラへは行っていない。西麻布で朝乃山に人を紹介して夜10時には解散した。」とのこと。しかし宗野周介記者が文春記者を神楽坂で恫喝した時刻は夜10時半頃で、その後に西麻布の闇キャバクラへ入店しているところを見られているので大ウソであることが分かります。

 

以上の報道が文春オンラインでされた後、朝乃山は記事内容を否定。その後19日に行われた『夏場所11日目』に平然と出場していますが、取組後に師匠の高砂親方と共に相撲協会に呼ばれ聴取を受けます。そこで発言を一変させ、文春の記事内容が事実であると認めました。

 

大関という立場や当初嘘をついていたことも含め、重い処分は免れません。狙っていた堀北真希似の女の子もドン引きで、またもや闇の恋も叶わないことでしょう。まだ報道後素直に認めていたほうが男気がありました。

朝乃山、宗野周介記者にハメられたか

今回の闇キャバクラ騒動、”朝乃山の色恋に溺れた失敗”で終わらせてはいけません。スポニチの宗野周介記者の存在です。文春によると宗野周介氏は朝乃山とは深い仲でべったりだったということですが、彼も記者であることを忘れてはいけません。

 

しかもスポニチと言えば毎日新聞グループ。毎日新聞と言えば朝日新聞と並ぶ「信用できない新聞ランキング」上位常連の新聞社です。そんな新聞社の記者が純粋な気持ちだけで朝乃山に取り入っているわけがありません。

 

スクープのためなら何でもするのが記者です。まだ27歳という遊びたい盛りの若さの朝乃山に漬け込み、可愛い子が多く在籍している闇キャバクラへ誘導した可能性は大いにあります。そして酷いことに文春から朝乃山とのことを突っ込まれると朝乃山の事を見捨て、保身に走る始末。朝乃山は宗野周介記者にハメられたと言っても過言ではないでしょう。

 

bunsyun

文春に突撃されたスポニチ宗野周介氏

文春とスポニチがグルだった可能性が浮上

いつもどおり文春の一人勝ちかと思われた今回の騒動ですが、ここで文春とスポニチがグルだったのではないか?という可能性が浮上してきました。

 

まず不可解なのがいきなり文春記者の車に突撃恫喝しにいった宗野周介氏の行動。宗野周介氏も記者なので文春記者へ荒々しい突撃をすれば記事にされてしまうのは分かっていたはずです。一見朝乃山を守るために自身を盾にしているかのようにも見えますが、実は逆で文春へ「ここに朝乃山がいる、相撲担当のスポニチ記者(自分)も同行している。火をつけるために恫喝してやった。付いてこい」と知らせにいくための行動だったのではないでしょうか。

 

ネットでは文春とスポニチは同族だから怪しいといった書き込みも見られました。

bunsyun5ch

5ちゃんねるの書き込み

文春と毎日新聞(スポニチ)って媚韓反日しばき隊パヨク仲間やん。パヨクの様式美である内ゲバ(内輪もめ)ってやつ?

 

suponiti5

5ちゃんねるの書き込み

スポニチと文春がグル説

内輪もめに見せかけた協力ならば納得がいきますね。文春記者が追ってきていると分かっているのに闇キャバクラへそのまま入店は素人が考えてもヤバいのが分かりますよね。また文春記事内でスポニチ宗野周介記者と書かずに、宗野周介氏が執筆した記事へ誘導する書き方も読者をスポニチへ流す目的があったのでしょう。

 

闇キャバクラ関係者によると「石橋さん(朝乃山)が発言を一変させたのもスポニチの記者さんから裏切られたのを悟ってのことだったようです。店では仲良さそうにしていたのにコチラ側としても残念でなりません…」とのこと。

スポニチ記者、宗野周介処分へ(追記)

ついにスポニチ記者側も処分を受けることが決まりました。

 

スポーツニッポン新聞社は11日、大相撲の大関朝乃山(27=高砂)と同行して不要不急の外出を行い、日本相撲協会の新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反した元記者を、10日付で諭旨解雇処分としたことを発表した。

スポーツニッポン新聞社によると、当該記者は朝乃山に同行して協会のガイドラインに違反して飲酒、接待を伴う飲食店に行くなどした上、週刊誌報道を受けた社内調査に虚偽の申し立てをしたという。さらに事実を隠蔽(いんぺい)しようと、朝乃山に口裏合わせを提案したと発表した。

元記者の監督責任として所属部長を減給処分、さらに監督責任を負う河野俊史代表取締役社長と石井真人常務取締役編集担当が役員報酬20%(1カ月)、上司である田村智雄執行役員東京本社編集局長が30%(同)をそれぞれ返上するとした。

日刊スポーツ