赤堀恵美子、創価学会勧誘で美容室を出禁になっていた!「人当たりがよくおばちゃん客に人気」美容師告白

joho ママ友5歳児衰弱死事件
赤堀恵美子

赤堀恵美子と碇利恵が創価学会員だったと週刊新潮が報道。実は赤堀恵美子が過去通っていた美容室で勧誘行動が原因で出入り禁止になっていたことを美容師が独自に告白。機嫌がいい時は人当たりが良く、おばちゃんに人気だったという赤堀恵美子。

赤堀恵美子の姉、赤ちゃんを埋めて逮捕歴!大川市住民「日頃から騒音がすごかった」
赤堀恵美子の家族についての情報も報道されるように。3人兄弟の末っ子だった赤堀恵美子、兄は会社の金を着服で逮捕され姉は赤ちゃんを埋めて逮捕されていたことが発覚。赤堀恵美子の父親が出した衝撃コメントと、当時大川市に住んでいた赤堀一家を知る住民に話を聞くことが出来ました。
碇利恵の夫離婚原因!赤堀恵美子がママ友にハニトラ指示か!保護者証言
2日に5歳の息子を衰弱死させたとして逮捕された碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子(48)。碇容疑者を洗脳していた赤堀恵美子容疑者は碇容疑者に「夫が浮気している」と嘘をつき離婚させていますが、その方法が他のママ友を使ったハニトラだったのではと関係者の証言が。顔写真やマンションの特定なども書いてます。随時更新中。
赤堀恵美子の家族子供は3人、特徴を特定!ママ友に偽名を使い年齢もサバを読んでいた!
福岡県篠栗町でママ友の碇利恵(39)を洗脳し金銭を騙し取り、その子供翔士郎くん(5)を餓死させた赤堀恵美子(48)。赤堀恵美子の子供の情報が入りました。なんと名前や年齢までも偽っていたことが発覚。そして碇利恵に嘘のトラブルを解決したと言って金を騙し取っていた事実も。嘘にまみれた赤堀恵美子に迫ります。情報もお待ちしています。
赤堀恵美子騙し取った金で夫婦パチンコ三昧!景品のお菓子を碇利恵に食事として差し入れていた
福岡県篠栗町で当時5歳だった翔士郎くんが衰弱死させられた事件で、母親である碇利恵容疑者(39)とママ友である赤堀恵美子容疑者(48)が保護責任者遺棄致死の罪で逮捕されました。赤堀容疑者は碇容疑者を洗脳しお金を根こそぎむしり取っていましたがそのお金はパチンコへ消えていた。またわずかな食料として碇利恵に渡していたお菓子が景品である可能性が。

下に続きます…

赤堀恵美子・碇利恵、創価学会員だった

新潮が赤堀恵美子と碇利恵が創価学会員だったと報道して話題に。翔士郎くんの意識がなくなり消防隊員が到着したときも碇利恵は翔士郎くんの横でお題目を唱えていたところを目撃されていました。

 

テレビメディアが赤堀恵美子や碇利恵の深いところを報道しなかったのも創価学会員だったから。テレビ業界と創価学会はズブズブな関係なのは今や誰もが知る事実です。

 

akahori

ニュースコメント

なるほどね、謎が解けた。

なかなか、この人間の素性が出なかったのは創価学会が裏(バック)にあったからなのか。
この人間の素性があまりにメディアに出ないのは、なぜだろうと、勝手に役所関係で働く人物なのかなんて憶測していたら、まさかの宗教が絡んでいたとは。

そりゃ、うかつに警察なんかも動きにくいよ。
大手の創価学会だからね。

では、ぜひ創価学会的な社会的な制裁をこの人間に与えてもらいたいものです。
そうじゃないと、創価学会さんのメンツ保てないですよ。

やはり、宗教怖い。
絶対に近づかない、近寄らないを心に決めた事件です。

翔士郎くんのお通夜の日に何も知らずたまたま赤堀恵美子に用事があり電話をかけた人物のコメントも闇を感じました。

 

「お通夜の日、たまたま赤堀に用事があって電話したんです。彼女が“お通夜があってバタバタしている”と言うので誰が亡くなったのか尋ねると、“バカの一番下の子どもったい”と言われました。彼女は碇さんのことを“バカ”とか“あれ”と呼んでいましたね。それと、“葬儀代は学会が出した代わりに、香典は学会に渡した”といったような話を聞きました。彼女は創価学会の信者なのでね」

 

碇利恵を格下に見ていたのはもはや周知の事実ですが、亡くなった翔士郎くんのことをまるで物のように扱う発言。自分のせいで、しかも赤堀恵美子自身も子供が3人いるにも関わらずこのサイコパスっぷり。

 

そして案の定、香典はすべて創価学会へ流れています。碇利恵から巻き上げた金も創価学会を理由にしたものが多かったことでしょう。しかしサイコパス赤堀恵美子のことですから、その金が本当に創価学会へ流れていたとは思えません。パチンコや大好きな高カロリーな食事代へと巻き上げた金は消えていった。翔士郎くんの香典はさすがにごまかしが効かないのでしぶしぶ創価学会へ献上したのでしょう。

赤堀恵美子、美容室でトラブルを起こしまくる

この報道で創価学会のことが明るみになり、重い口を開いてくれた美容師さんがいました。宗教というデリケートな内容もあるため報道があるまで言えなかったそうですが、情報を下さいました。

 

joho

赤堀恵美子の情報

 

「数年前の話になりますが、当時働いていた美容室のお客さんに赤堀恵美子がいました。カルテの名前欄には”赤堀”とだけ記入して住所も書いてませんでしたね。その時点で『普通じゃないな〜』と感じていましたが予想通りで。

 

カット中だろうがカラー中だろうがお構いなしにスマホで電話。カラー中なんて『薬品が携帯に付くからラップで巻いて!!早く!!』って怒り気味に言われて。ラップで巻いたらひったくるように取られました。

 

 

酷いときはシャンプー中に着信があって、頭を流してる途中なのに急に起き上がって電話に出たんです。シャンプークロスはつけてたんですが…失礼ながら赤堀さんの首のサイズに合うものがなくてダッカール(ヘアピンのようなもの)で前を挟んでなんとか付けていたので、急に起き上がった拍子にクロスが外れてしまったんです。

 

当然背中は濡れた髪でビショビショに…。それに赤堀さんは激怒して『服を弁償しろ!もちろん今日のお代はタダにしろ!』と大声でいうのでアシスタントの子は泣きながら謝ってました。すぐ店長が対応を交代したのですが、その日は結局メニューを増しに増してトリートメントまでしっかりタダでして帰りましたよ。

 

他のお客さんも居心地悪そうにしてましたし最悪でした。濡れた服は保険屋とのやり取りの後クリーニング代が支払われたと店長が言ってました。」

 

赤堀恵美子の家族も逮捕歴があった!

赤堀恵美子、創価勧誘が原因で美容室出禁に

この時点では出禁になっていなかった赤堀恵美子。個人的には出禁にしてほしいぐらいですが、客商売というものは難しいもので簡単には出禁には出来ません。その後も来店し続けたという赤堀恵美子。しかし、ついに出禁をくらう時が来ます。

 

「コロナ前だったので、カラーやパーマの放置時間中は皆さん待合スペースで待ってもらっていたんです。その間『お客さん同士でお話したりする時間が楽しい』と言ってくださるお客さんも多くて、そこでお茶会みたいな感じでワイワイしていました。

 

 

赤堀さんも電話してないときはそこに座っておばちゃん達と談笑していました。しかしある日、とあるお客さんが『この間太ったお客さんとここで話してたんだけど、いい人だったから連絡先を教えてしまってそこから宗教の勧誘みたいなのをされて困っている。』と相談があったんです。

 

すぐに赤堀さんのことだと分かりました。というのもおばちゃん達からはすごくウケがよかったんです。大きい声でハキハキ話すし、機嫌がいい時の赤堀さんは人当たりが良くて話を引き出すのが上手かった。」

 

宗教勧誘の相談はそのお客さんだけにとどまらず次第に増えるように。このままだとお客さんが離れてしまうと判断した店長は赤堀さんへ出入り禁止の旨を伝えたそうです。すんなり受け入れるわけもなくしばらく揉めたそうですが、急に連絡が途絶えてその美容室には来なくなったとのこと。

 

大川市住民「赤堀一家は騒音トラブルもあった」

赤堀恵美子、手荒れ美容師にお題目をすすめる

またお客さんだけではなく、美容師にも怪しげなことを言っていたという赤堀恵美子。手荒れがひどかったアシスタントの子の手を見て「痛かろ〜!かわいそうに!でも私が知ってる先生のとこでお祈りすればこんぐらい綺麗に治るけん心配せんでよか!今度集まりがあるから一緒に行こう!」と言っていたようです。

 

アシスタントの子は若く社会経験があまりなかったため、”先生”というのは”医者”のことだと思い付いていこうとしていたそうですが後に店長に止められてその時は集まりにいかなかったそう。ついていけば創価学会の会館でお題目を唱えさせられ入信を勧められたことでしょう…。

 

赤堀恵美子の姉、赤ちゃんを埋めて逮捕歴!大川市住民「日頃から騒音がすごかった」
赤堀恵美子の家族についての情報も報道されるように。3人兄弟の末っ子だった赤堀恵美子、兄は会社の金を着服で逮捕され姉は赤ちゃんを埋めて逮捕されていたことが発覚。赤堀恵美子の父親が出した衝撃コメントと、当時大川市に住んでいた赤堀一家を知る住民に話を聞くことが出来ました。
碇利恵に知的障害があった可能性!翔士郎くんを押入れに閉じ込め叩く虐待があった!
5歳の末っ子翔士郎くんを衰弱死させたとして逮捕された母親の碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子容疑者(48)。赤堀恵美子容疑者に洗脳されていたという碇利恵容疑者ですが、知的障害があった可能性が浮上。また赤堀恵美子容疑者に反抗する翔士郎くんを日常的に虐待していたことも発覚。随時更新中。
碇利恵の夫離婚原因!赤堀恵美子がママ友にハニトラ指示か!保護者証言
2日に5歳の息子を衰弱死させたとして逮捕された碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子(48)。碇容疑者を洗脳していた赤堀恵美子容疑者は碇容疑者に「夫が浮気している」と嘘をつき離婚させていますが、その方法が他のママ友を使ったハニトラだったのではと関係者の証言が。顔写真やマンションの特定なども書いてます。随時更新中。
赤堀恵美子の家族子供は3人、特徴を特定!ママ友に偽名を使い年齢もサバを読んでいた!
福岡県篠栗町でママ友の碇利恵(39)を洗脳し金銭を騙し取り、その子供翔士郎くん(5)を餓死させた赤堀恵美子(48)。赤堀恵美子の子供の情報が入りました。なんと名前や年齢までも偽っていたことが発覚。そして碇利恵に嘘のトラブルを解決したと言って金を騙し取っていた事実も。嘘にまみれた赤堀恵美子に迫ります。情報もお待ちしています。
赤堀恵美子騙し取った金で夫婦パチンコ三昧!景品のお菓子を碇利恵に食事として差し入れていた
福岡県篠栗町で当時5歳だった翔士郎くんが衰弱死させられた事件で、母親である碇利恵容疑者(39)とママ友である赤堀恵美子容疑者(48)が保護責任者遺棄致死の罪で逮捕されました。赤堀容疑者は碇容疑者を洗脳しお金を根こそぎむしり取っていましたがそのお金はパチンコへ消えていた。またわずかな食料として碇利恵に渡していたお菓子が景品である可能性が。

コメント