赤堀恵美子の姉、赤ちゃんを埋めて逮捕歴!大川市住民「日頃から騒音がすごかった」

akahori ママ友5歳児衰弱死事件
赤堀恵美子

赤堀恵美子の家族についての情報も報道されるように。3人兄弟の末っ子だった赤堀恵美子、兄は会社の金を着服で逮捕され姉は赤ちゃんを埋めて逮捕されていたことが発覚。赤堀恵美子の父親が出した衝撃コメントと、当時大川市に住んでいた赤堀一家を知る住民に話を聞くことが出来ました。

碇利恵の夫離婚原因!赤堀恵美子がママ友にハニトラ指示か!保護者証言
2日に5歳の息子を衰弱死させたとして逮捕された碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子(48)。碇容疑者を洗脳していた赤堀恵美子容疑者は碇容疑者に「夫が浮気している」と嘘をつき離婚させていますが、その方法が他のママ友を使ったハニトラだったのではと関係者の証言が。顔写真やマンションの特定なども書いてます。随時更新中。
碇利恵に知的障害があった可能性!翔士郎くんを押入れに閉じ込め叩く虐待があった!
5歳の末っ子翔士郎くんを衰弱死させたとして逮捕された母親の碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子容疑者(48)。赤堀恵美子容疑者に洗脳されていたという碇利恵容疑者ですが、知的障害があった可能性が浮上。また赤堀恵美子容疑者に反抗する翔士郎くんを日常的に虐待していたことも発覚。随時更新中。
赤堀恵美子、創価学会勧誘で美容室を出禁になっていた!「人当たりがよくおばちゃん客に人気」美容師告白
赤堀恵美子と碇利恵が創価学会員だったと週刊新潮が報道。実は赤堀恵美子が過去通っていた美容室で勧誘行動が原因で出入り禁止になっていたことを美容師が独自に告白。機嫌がいい時は人当たりが良く、おばちゃんに人気だったという赤堀恵美子。

下へ続きます…

赤堀恵美子の姉、赤ちゃんを埋めて逮捕

福岡県篠栗町のママ友碇利恵を洗脳し、当時5歳だった碇利恵の末っ子翔士郎くんを餓死させ更に碇利恵から1000万円以上も騙し取っていた赤堀恵美子。なんと赤堀恵美子だけではなくその家族も逮捕歴があったことが発覚。

 

赤堀恵美子は3人兄弟の末っ子。兄と姉がいます。出身は福岡県大川市で、木工・家具の街として有名です。当時赤堀恵美子の実家も工場を持っていましたが倒産。創価学会信者で元から迷惑一家だった赤堀恵美子の家族ですが倒産をきっかけにそれは加速していきます。

 

今回赤堀恵美子が逮捕されたことにより赤堀恵美子の兄弟にも逮捕歴があったことがデイリー新潮により報道されました。まず赤堀姉ですが、なんと赤ちゃんを埋めて警察にお世話になっていたとのこと。

 

「長女は、嫁に行く前に、死産した赤子を埋めて警察沙汰になった。夜中、両親とスコップを持って埋める作業をしていたら通報され、逮捕されたと思う。」

デイリー新潮より引用

 

赤堀姉は結婚する前に妊娠してしまったものの、赤ちゃんは残念ながら死産。その赤ちゃんを両親とともにスコップで穴を掘り埋めていたとのこと…!!大川市は文明が発達していないど田舎なのかと思わせるような行動。

 

ちなみに嫁入りした時の赤堀恵美子の写真はこちらです。

akahori

赤堀恵美子

「チックショー!」と聞こえてきたのは私だけではないはずです。きっと赤堀姉も姉妹なのでこんな雰囲気なのでしょう。

 

死産した赤ちゃんを両親とともにスコップで夜な夜な穴を掘り埋めるなんて、病院で産んだのかも怪しいですね。この時点で常識のない一家だというのが分かりますがこれにとどまらないのが赤堀一家。(実際は”赤堀”ではありませんがここでは便宜上”赤堀一家”と書かせていただきます)

 

赤堀恵美子、知的障害のある碇利恵を狙い洗脳か

赤堀恵美子の兄、会社の金を着服で逮捕

赤堀兄も逮捕されています。こちらはお金がらみで、当時就職していた福岡県久留米市の競輪場関係の職場の金を800万円盗んで逮捕。ちなみに久留米競輪場の場所はこちらです。

 

 

競輪場はもろにお金が絡む仕事。元からお金を盗むつもりで競輪場関係の仕事を選んだのでしょう。ギャンブル好きな赤堀恵美子と同じで兄もギャンブル好きだった可能性は大いにあります。久留米市内に行けばパチンコ屋なども多く、赤堀兄が会社の金を着服した当時は久留米市も変に活気があり不良のたまり場となっていたような場所。

 

盗んだ会社の金で街へ繰り出し、パチンコや飲み屋を回っていたのでしょう。さすが大川市出身の赤堀兄。絵に描いたような田舎者の遊び方ですね。修羅の国と呼ばれる福岡、治安の悪さは田舎だろうと都会だろうと関係ないようです。

 

赤堀恵美子、創価学会勧誘で美容室出禁に!

赤堀恵美子の母、近所に借金して回る

そんな赤堀兄弟の母親、もちろん普通の常識人なわけもなく。赤堀兄が会社のお金800万円を盗んだ後、それを返済するため…という名目で近所にお金を貸してくれと言いまわっていました。

 

盗んだ金を返すために近所に借金とはなんの解決にもなっていませんし、返す当てはあったのでしょうか。常識では考えられないようなことをするのが赤堀一家。当時赤堀母がお金を借りに来たという元近所に住んでいた大川市の男性がコメントを出していました。

 

「自分は貸さなかった。でも、金を貸していまだに返ってこない者もいる。金の件やらなにやら(姉の赤子埋葬事件含む)でここにいられなくなり、20年ほど前一家は他所へ越していきよった」

 

大川市は文明が発達していないほどではないですが田舎なのは変わりありません。悪い噂が回れば住めなくなるのは当然です。

 

 

またお金を貸してしまった人もコメントを出しています。

今回の事件で、あの恵美子だとすぐ分かった。昔からあの体形だったし、正直、人を騙して餓死させて、本当に酷いと思う。彼らには数百万単位で貸した。20年ほど前のことだが、しばらくはわずかばかり振り込みで返済してきたけど、ここ10年は一切入金がありません。彼らはここを出て佐賀に行き、いまは大分県内のどこかにいると思うんですけど

やはり返す当ても無いのに借りまくっていたようです。しかし逃げるなら遠方へ逃げればいいのに大川市の真隣の佐賀へ逃げるとは、あまり意味がないような気がします。田舎者は土地に執着するところがあるので、隣に逃げただけで”脱出できた”と思っていたのでしょう。

 

行動の何もかもに違和感しか無い赤堀一家。こんな家庭環境で育てば赤堀恵美子がサイコパスにならないほうがおかしいですね。まさにサイコパスのサラブレッド。

 

赤堀恵美子の家族の特徴を特定!

赤堀恵美子の父の衝撃コメント

赤堀恵美子が逮捕され様々な余罪が明らかになっていく中、赤堀恵美子の父親が衝撃的なコメントを出しています。

 

「(娘が)罪を犯したなら、罪として認めて、罰ば受ける。刑を受けるならしょうがなかこと。たしかに息子は、二十数年前に逮捕された。800万円、盗ってしまい、1年半。刑務所に入った。でも、長女は死産して、病院では埋葬ばできんて言われたけんが、そんなら、私が家内の親の墓に埋めてやろうとした。そしたら警察に、火葬せんと違反になる言われて、火葬ばした。誰も逮捕なんかされとらん。恵美子がマインドコントロールにかけたったち言うばってん、我が子が餓死しそうなら、食わせんなら死ぬちゅうことは親(碇利恵)も分かっとるはず」
方言が酷いので整理すると
  • 赤堀恵美子が本当に犯罪を犯したというのなら罰を受けるのは仕方のないこと。
  • 赤堀兄が逮捕されたのは本当。1年半刑務所に入っていた。
  • 赤堀姉の赤ちゃんを埋めた話は違う、逮捕されていない。
  • 死産したが病院では埋葬できないと言われたので赤堀母側の墓に埋めてあげようとした。
  • 警察が来て火葬しないと違反になると言われたから最終的には火葬した。

 

赤堀恵美子の件については仕方ないと言いつつも最後には本音が。「恵美子がマインドコントロールにかけたったち言うばってん、我が子が餓死しそうなら、食わせんなら死ぬちゅうことは親(碇利恵)も分かっとるはず

 

一応コチラも翻訳すると「赤堀恵美子が洗脳したと言うが『我が子が餓死しそう・ご飯を食べさせないと死ぬ』なんていうことは親である碇利恵も分かってたはず」ということです。翔士郎くんの母親である碇利恵だけが悪いという本音がつい出てしまいましたね。

 

また「池田大作名誉会長は、絶対やっとらんことは死んでもやっとらんち言い通せち。それが信念や」と、ここに来て「恵美子は何もやってない!!」とトンデモナイ発言をする父親。さすがとしか言いようが無いですね…。赤堀恵美子の子どもたちの今後の育ち方にも不安しかありません。

 

赤堀恵美子の子供「横にとても大きい3人兄弟」で有名

大川市近隣住民「日常的に騒音がすごかった」

お金などのトラブルだけでなく、騒音トラブルもあったという赤堀一家。大川市に住んでいた頃の様子を知る住民が話してくれました。(方言は標準語になおして書いています。)

 

「工場の方の騒音じゃなくて、住んでいる家の騒音がすごかった。赤堀恵美子は働きもせず家にずっと居たから日中も窓を開けてテレビを大音量で流したり、大音量で音楽をかけて踊っていた時はドスドス地響きがするぐらいの衝撃が家のリビングにまで伝わってきた。

 

そして赤堀一家はみんな誰かに電話をするときはなぜか外に出て大声で話すもんだからうるさくて仕方ない。深夜に何時間も外で電話してることも何度もあった。あまりにもうるさいもんだから赤堀姉が深夜に電話していたとき一度『夜は皆寝ているし家で電話してほしい』って言いに行ったら凄い勢いで怒鳴られて、近所の人が110番して警察が来たこともあった。

 

乗っていた軽自動車も改造していてすごくうるさかったし、ゴミの日なんて何度言ってもネットをかけないからカラスに荒らされてゴミ捨て場はいつも汚くなって周りの人が掃除するはめになってた。自分たちではなんにもしない。迷惑を掛けるだけ。

 

注意しても逆ギレして嫌がらせが怖いから誰も何も言えなくて、我慢するしかなかった。引っ越してくれた時はホッとした。お金を貸してた人は災難だったけどね…」

 

お金にルーズな人は非常識だという典型的な見本のような赤堀一家。当時を知る人は今回の赤堀恵美子の事件を知っても特に驚きはしなかったと口を揃えて言います。

 

碇利恵の夫離婚原因!赤堀恵美子がママ友にハニトラ指示か!保護者証言
2日に5歳の息子を衰弱死させたとして逮捕された碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子(48)。碇容疑者を洗脳していた赤堀恵美子容疑者は碇容疑者に「夫が浮気している」と嘘をつき離婚させていますが、その方法が他のママ友を使ったハニトラだったのではと関係者の証言が。顔写真やマンションの特定なども書いてます。随時更新中。
碇利恵に知的障害があった可能性!翔士郎くんを押入れに閉じ込め叩く虐待があった!
5歳の末っ子翔士郎くんを衰弱死させたとして逮捕された母親の碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子容疑者(48)。赤堀恵美子容疑者に洗脳されていたという碇利恵容疑者ですが、知的障害があった可能性が浮上。また赤堀恵美子容疑者に反抗する翔士郎くんを日常的に虐待していたことも発覚。随時更新中。
赤堀恵美子、創価学会勧誘で美容室を出禁になっていた!「人当たりがよくおばちゃん客に人気」美容師告白
赤堀恵美子と碇利恵が創価学会員だったと週刊新潮が報道。実は赤堀恵美子が過去通っていた美容室で勧誘行動が原因で出入り禁止になっていたことを美容師が独自に告白。機嫌がいい時は人当たりが良く、おばちゃんに人気だったという赤堀恵美子。

コメント